/

慰霊の碑、現場近くに設置 軽井沢バス事故

大学生13人を含む15人が死亡した長野県軽井沢町のスキーバス転落事故の遺族らでつくる「1.15サクラソウの会」が現場付近に慰霊の「祈りの碑」を設置し、27日に建立式典が開かれた。兵庫県のJR福知山線脱線や山梨県の中央自動車道笹子トンネル崩落など他の事故遺族らも参加し、事故の風化防止と交通安全を願った。

事故現場付近に設置された「祈りの碑」に手を合わせる女性(27日午後、長野県軽井沢町)=代表撮影・共同

碑は高さ約2メートルで、中央に大学生をイメージした13枚のガラスを配し、両脇を2基の石が挟む構造。遺族らが手を合わせて13人を包む様子を表したという。デザインは遺族会の協議で決まった。

会代表を務める大阪府吹田市の田原義則さん(52)は式典で「未来永劫(えいごう)の交通安全の象徴となるよう発信していきたい。それが子供たちの思いでもある」と話した。

碑の除幕後、60人余りの参加者が献花し、手を合わせた。日航ジャンボ機墜落事故の遺族でつくる「8.12連絡会」の事務局長、美谷島邦子さん(71)も訪れ「遺族同士が集まって祈り、地域と交流する場になるだろう。記念碑を公道に建てることができたのは今後のモデルになる」と話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン