拝啓 ベーブ・ルース様

フォローする

ヒットゾーンが鍵? 打者・大谷の攻略法(後編)
スポーツライター 丹羽政善

(3/3ページ)
2018/5/29 6:30
保存
共有
印刷
その他

もちろん、まだサンプルが少ない。5月はジャスティン・バーランダー(アストロズ)に4回も空振りさせられるなど、好投手との対戦が相次いだこともあるが、同時に空振りするコースにも変化がみられる。

4月、空振りするのは下の図のように主に内角だった(4月1~30日、捕手からの目線、「Baseball Savant」参照)。

これはやはり相手が内角を攻めていたこと。また、大谷が早いカウントでは内角を狙っており、その付近は多少のボールでも手を出していたことが一因として考えられる。

そのコースはしかし、5月になって変わる。

上の図(5月1~22日、同)をみると、高めの球を振らされていることがわかる。バーランダーとの対戦では真っすぐを4回空振りしているが、全部高め。そのうち3球は外角高めのボール球だった。

もちろんそれは、球界でも屈指の好投手の球だったからというのもあるかもしれないが、空振りがほしいとき、外角高めのボール球でつってくるという配球は今後もみられるのではないか。

25日、大谷と対戦したアロルディス・チャプマン(ヤンキース)が追い込んでから投じたのも外角高め。結果は遊ゴロだったが、それなりに狙いがあったのかもしれない。

さて、前編・後編の2回にわたって打者・大谷の現在地を見てきたが、もう少しはっきり何かが見えてくるとしたら、さらに打席数を重ねる必要があるだろう。相手投手もまだ、探りながらの投球だ。

今は外角への攻めが柱になっているが、大谷が適応すれば相手もまたそれに対応する。本当の駆け引きはこれからではないか。

なお今回はコースに話を絞った。

ゴロを打たせたいなら、どのコースにどの球種を投げてくるのか。早いカウントではどんな攻めが効果的なのか。追い込んだらどう攻めるのか――といった感じで、まだまだ切り口を変えて分析することもできる。今後も定期的に大谷のデータを追っていきたい。

拝啓 ベーブ・ルース様をMyニュースでまとめ読み
フォローする

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
保存
共有
印刷
その他

大リーグコラム

電子版トップスポーツトップ

拝啓 ベーブ・ルース様 一覧

フォローする
今年の大谷は投手としてリハビリを行いながら打者として試合に出るという、プロのレベルでは前代未聞の経緯をたどった=共同共同

 2018年10月1日に側副靱帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けたエンゼルスの大谷翔平。今年1年は投手としてリハビリを行いながら打者として試合に出るという、プロのレベルでは前代未聞の経緯をたど …続き (2019/12/9)

9月3日のアスレチックス戦、三振に倒れてベンチに下がるエンゼルスの大谷=APAP

 「走り込みが足りないのでは?」
 「人口比2%に満たない珍しい“先天性”の異常」
 先日来、大谷翔平(エンゼルス)が受けた左膝蓋骨(しつがいこつ)手術の原因などに関して、様々な報道がある。分かりやすい言 …続き (2019/9/30)

8月20日のレンジャーズ戦の八回、大谷はボールになる内角低めのスライダーを巧みに捉えた=共同共同

 「これが最後か?」
 帰る前、記者席からの眺めをカメラに収めていると、後ろから声をかけられた。レンジャーズの名物広報部長ジョン・ブレイクである。
 彼が言う通り、そこからの景色はおそらく見納め。テキサス …続き (2019/9/2)

ハイライト・スポーツ

[PR]