2018年8月16日(木)

拝啓 ベーブ・ルース様

フォローする

ヒットゾーンが鍵? 打者・大谷の攻略法(前編)
スポーツライター 丹羽政善

(1/3ページ)
2018/5/28 6:30
保存
共有
印刷
その他

 ドラフトされた後、マイナーでプレーすることなく、米大リーグに登録された選手は決して少なくないが、現役ではマイク・リーク(マリナーズ)ただ一人。身長178センチ、体重77キロと小柄ながら2010年にデビューしてから、頭脳的なピッチングで大リーグの世界を生き抜いてきた。

 そのリークが5月4日(日本時間5日)、打者・大谷翔平(エンゼルス)と対戦した。3打数2安打だったが、その翌日、各打席の配球やその意図、そして反省点を語ってくれた。

1打席目=三振

(1)チェンジアップ  見逃しストライク

(2)シンカー     ボール

(3)シンカー     空振り

(4)シンカー     ファウルチップ 三振

 まず二回の1打席目を振り返って口をついたのは、こんな言葉だった。

 「初球は振ってくると思ったけどね」

 どういうことかと尋ねると、「内角低めにヒットを打てるゾーンがあるから」だという。なるほど。3月29日から4月29日までの1カ月、大谷はどのコースをヒットにしたのか。そのデータが下の図の通りである(捕手からの目線、「Baseball Savant」参照)。

 これをみると、長方形のストライクゾーンのうち内角低めの色が一番濃く、大谷がヒットにしているのはこのコースが一番多いことを示す。

 では、このデータと初球のチェンジアップにどういう関連があるのか。

 「対戦前、同じようなスカウティングリポートをもらった」というリークは続けた。

大谷を打ち取るため、各球団の投手が攻め方を工夫する=AP

大谷を打ち取るため、各球団の投手が攻め方を工夫する=AP

 「しかも、早いカウントでその内角低めを狙っているという情報だった。だとしたら、どう攻めるか? まずはデータが本当かどうか、探る意味でもその近くに投げてみればいい」

 初球のチェンジアップは内角低めから真ん中低めに曲がりながら落ちた。大谷が狙っているであろうコースから、あえて曲げたのである。

 「内角低めを待っているなら、振ってきたはずだ。空振りか、ファウルになっただろう。振らなかったことで、『あれっ?』と思ったけれど、初対戦だったから初球は球筋を見ようと思ったのかもしれない」

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

大リーグコラム

電子版トップスポーツトップ

拝啓 ベーブ・ルース様 一覧

フォローする
エンゼルスが配布した大谷の首振り人形。投球と打撃の2体が同じ台座に乗る=APAP

 今からもう17年も前のことになる。2001年7月27日深夜、米シアトルの7月としては珍しく雨になった。シアトルは11月から翌年4月いっぱいが雨期で、5月以降は徐々に天候が安定し、7月に雨が降ることは …続き (8/6)

投球練習再開が可能になり、試合前にキャッチボールをするエンゼルス・大谷=共同共同

 エンゼルスのチームドクターを36年にわたって務め、2013年に他界したルイス・ヨーカム氏は、トミー・ジョン手術(側副靱帯再建術)を世界で初めて行った故フランク・ジョーブ博士、ジェームズ・アンドリュー …続き (7/23)

大谷の存在はチームの浮沈を左右しそうだ=APAP

 米国のチームスポーツでは度々、ある一人の選手が加わることで、チーム状況に変化が見られることを「Chemistry(ケミストリー)」という言葉を用いて表現する。直訳すれば「化学」だが、この場合、「相性 …続き (7/9)

ハイライト・スポーツ

[PR]