プロ野球

中日バント一転、強気の攻め 広島に競り勝つ

2018/5/27 0:00
保存
共有
印刷
その他

中日ベンチの方針転換が吉と出た。1点差の八回無死一、二塁で代打・堂上を送った。バント要員のはずが、2球ファウルにしたのは本来、大誤算だった。追い込まれてもバントの構えの堂上。だがサインは変わっていた。バスター・エンドラン。

中日は六回2死三塁で大野奨が中前適時打を放つ=共同

二塁走者のビシエド、一塁走者の平田が走る。堂上はバットを引いて打って出る。ジャクソンのくせ球からすると三振、三盗失敗の併殺もありえたが、そこはもう腹をくくっていた。

1度目はファウル。作戦はほぼバレバレとなったものの継続。2度目、堂上が必死にバットに当てた打球は三塁手の頭をワンバウンドで越えた。ビシエドは三塁を回り、一気に生還した。この回さらに2点。

「とにかく点を取っていかないと勝てないから」と森監督は話した。相手は「逆転の広島」、しかも敵地。実際九回に追い上げられ、肝を冷やした。ロースコアで逃げ切る展開はハナから頭になかったから、強攻への転換に迷いはなかったのだろう。

広島のミスにも助けられた。この回はジャクソンのバント処理のミスがあった。六回2死三塁では広島バッテリーが8番の大野奨と勝負してくれて貴重な追加点が生まれた。次は投手。代打策があるとしても、真っ向からストライクを投げてくれたのは幸運だった。

このカード、中日は昨季8勝15敗と大負けしているが、今年は様相が違い6勝5敗。広島も昨季のように伸び伸び戦えていない。だからミスが出る。マツダスタジアムでの開幕シリーズ3連敗で始まった中日の今季。そこからの巻き返しであることを思うと、なかなか面白い存在になってきた。

(篠山正幸)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 西武は6日、新外国人選手としてコーリー・スパンジェンバーグ内野手(28)=183センチ、89キロ、右投げ左打ち=とショーン・ノリン投手(29)=193センチ、113キロ、左投げ左打ち=と契約に合意し …続き (6日 20:29)

契約更改を終え、記者会見する巨人の坂本勇(6日、東京・大手町の球団事務所)=共同

 今季セ・リーグの最優秀選手(MVP)に輝いた巨人の坂本勇人内野手が6日、東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸5億円でサインした。今季から5年契約を結び、2021年までの3年は …続き (6日 19:36)

 巨人の野上が6日、東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉を行い、3年契約最終年となる来季、現状維持の年俸1億5千万円でサインした。今季は先発登板が1試合だけで13試合に登板して1勝2敗1セーブ、防御 …続き (6日 18:38)

ハイライト・スポーツ

[PR]