700人時代絵巻、勇壮に 5年ぶり楠公武者行列

2018/5/26 19:51
保存
共有
印刷
その他

南北朝時代を再現したよろいかぶとや着物姿で市街地を練り歩く「楠公武者行列」が26日、神戸市中心部で5年ぶりに行われた。全長約1キロの行列には約700人と馬約30頭が参加。沿道の観客は勇壮な時代絵巻に見入り、歓声を上げた。

南北朝時代を再現したよろいかぶとや着物姿で市街地を練り歩く「楠公武者行列」(26日、神戸市)=共同

行列は隠岐から京都へと向かう後醍醐天皇を先導した楠木正成をたたえたもので、近年は約5年ごとに催されてきた。この日は正成をまつる湊川神社を出発し、市内の繁華街や海沿いを回った。参加者は、観客の呼び掛けに馬上などから手を振って応えていた。

祖母と見物した神戸市中央区の保育園児、中村はるちゃん(5)は「ほら貝の音に驚いた。馬やよろいが格好良かった」とはにかんだ。兵士に扮(ふん)して参加した三重県名張市の公務員、名和健治さん(61)は「昔にタイムスリップしたような気分。兵士になりきって堂々と歩いた」と満足そうだった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]