/

この記事は会員限定です

新興国株ファンド急減速 経済変調で個人慎重に

[有料会員限定]

個人が購入する国内投資信託の市場で新興国ファンドの人気が急速に陰っている。株式に投資するファンドへの資金流入は5月まで5カ月連続で減少し、昨年のピーク比1割の水準に落ち込む見通し。通貨安の影響がより大きい債券ファンドからは既に資金が流出している。個人の金融商品選びにも、米金利上昇に端を発した新興国市場変調の影響がうかがえる。

投信分析のモーニングスター・ダイレクトのデータを基に新興国株ファンドへ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り937文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません