米外食見本市に「日本館」初登場、中西部の開拓めざす

2018/5/26 2:52
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

全米レストラン協会(NRA)が毎年5月にシカゴで開く米最大の外食産業見本市「NRAレストラン・ショー」に、「日本館」が初登場した。日本貿易振興機構(JETRO)が組織し、日本から生ワサビ、緑茶など19業者が参加し、卸売業者などに売り込んだ。沿岸部に比べ日本食材の浸透度が低い米中西部で存在感を高め、日本の味を覚えてもらう狙いだ。

広大な会場には、業務用厨房機器から食材まで世界110カ国から約200…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]