/

この記事は会員限定です

派閥弱まり 首相の権力強く

[有料会員限定]

同じ長期でも佐藤、中曽根両政権と第2~4次安倍内閣は異なる。政策研究大学院大の竹中治堅教授は中選挙区制から小選挙区制への変更により「党内で派閥の力学が薄まり、首相の権力は強まった」とみる。

一つの選挙区で複数の議員が当選する中選挙区制時代は、同じ選挙区でも派閥同士が争った。派閥の勢力争いは激しく、小派閥出身の中曽根康弘氏の政権運営は田中角栄氏ら実力者に配慮しな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り181文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン