/

この記事は会員限定です

横須賀市、市民の「終活」手助け 墓など情報登録

(列島追跡)

[有料会員限定]

人生の最期に自ら備える「終活」。神奈川県横須賀市は1日、市民からお墓の場所など終活に関する情報の登録を受け付ける事業を始めた。一人暮らしで倒れたり、亡くなったりした際に、市が親族などの照会に応じて管理していた情報を伝える。墓が分からないといった事態を防ぐほか、死後の希望が正確に伝わる効果も見込め、市民や全国の自治体などから多数の問い合わせが寄せられている。

「親族がいても墓の場所すら分からない。生...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1011文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン