/

ベンチャー育成へ交流会 広島大と広島経済同友会

広島大学と広島経済同友会は25日、研究者や県内企業の経営者らを集めた交流イベントを広島市内で開催した。広島大発ベンチャー企業や研究者が事業内容や研究シーズについて発表し、企業経営者らと意見交換をした。企業と大学をつなぎ、ビジネスマッチングなどベンチャー企業の成長につなげる狙い。

経済同友会の会員で、創業支援委員会のメンバーでもある企業の経営者や、広島大の研究者など約60人が参加した。プレゼンでは、がん早期発見の検査サービスを手掛けるミルテル(広島市)など広島大発ベンチャー4社と3人の研究者が研究シーズを発表した。

同友会創業支援委員会の角倉博志委員長は「今後もこうした機会を重ね、新たなビジネスの芽が生まれていくことを期待したい」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン