/

この記事は会員限定です

ミセス・ワタナベ狩りか トルコリラで投機筋と攻防

編集委員 清水功哉

[有料会員限定]

今や米ドルの次に注目度が高い通貨はトルコリラ――。外国為替証拠金取引(FX)を手掛ける個人投資家(通称、ミセス・ワタナベ)を対象にした調査で、そんな結果が出た。下落基調を強めているがゆえに割安感もあるとされるリラ。金利も高めで日本の個人投資家によるリラ買いは活発だ。ただ相場急落で損失確定を迫られるケースも出ており、裏側に投機筋の仕掛けがあるとの話も。真相は不明だが、注意は必要だ。

まずはグラフA...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2076文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン