鹿児島銀、沖縄に2店舗目の支店開設

2018/5/25 18:43
保存
共有
印刷
その他

鹿児島銀行は25日、沖縄県で2店舗目となる支店を7月9日に開設すると発表した。那覇市にある既存の沖縄支店を7月2日に同市の中心部に移転した上で、跡地に新たに「新都心支店」を開設する。2店舗体制への移行で、沖縄県での人員を現在の27人から67人に増強。法人営業の強化を図るとともに、県北部エリアへのカバー体制も構築する。

沖縄支店が移転するのは地元地銀の本店や事業会社が集積し、県庁なども隣接している那覇市久茂地。中心部に拠点を置くことで顧客利便性を高め、法人営業の強化につなげる考えだ。

一方、新都心支店は県北部エリアをカバーする機能も持たせ、個人向けの営業を軸に展開する計画。2店舗化に合わせて沖縄県での取扱業務も現在の預金、為替、融資から、預かり資産販売、外国為替業務にまで広げ、個人向けサービスを拡充する。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]