2019年9月21日(土)

印鉄鋼大手エッサールの入札結果、7月以降に持ち越しへ

2018/5/25 18:24
保存
共有
印刷
その他

【ムンバイ=早川麗】インド鉄鋼大手エッサール・スチール売却の入札結果が、少なくとも7月まで持ち越されることになった。5月末までに買い手が決まると見られていたが、入札に参加した鉄鋼世界最大手アルセロール・ミタルとロシア系資本の企業の応札資格などを巡る議論が続いている。会社法上訴審判所は7月23日に次の審理を行う。

25日までに地元メディアが報じた。多額の負債を抱え倒産手続き中のエッサールは、法律で定められた期限までに買い手が決まり、会社法審判所によって再建計画が承認されなければ清算される。その期限は当初は4月末だった。その後、会社法審判所が5月28日に延期していた。

1次入札にはミタルとロシア系資本のニューメタル・モーリシャスの2社が応札。しかし債権者委員会が両社は「不適格」であるとして、入札を仕切り直した。2次入札ではニューメタルが印鉄鋼大手JSWスチールと共同で応札した。

ミタルとニューメタルは1次入札での「不適格」判断を不服として訴え、両社の適格性と2次入札の開札などについて会社法上訴審判所で審理されていた。会社法上訴審判所は6月から1カ月の休暇に入るため、7月に審理が再開されるという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。