/

94歳クオック氏、92歳マハティール氏に助言

マレーシアの大富豪

【クアラルンプール=岩本健太郎】マレーシア出身で94歳の富豪ロバート・クオック(郭鶴年)氏が、92歳のマハティール首相が進める改革に協力することになった。新政権に経済や財政について助言する顧問団の一員として参画する。

クオック氏は香港を拠点に高級ホテル、シャングリラ・アジアなどを傘下に持つケリー・グループを率いる。

クオック氏は砂糖の取引から不動産などに事業を拡大した。米誌フォーブスの2018年の富豪ランキングによると、資産額は148億ドル(約1兆6000億円)でマレーシアでは首位だった。

顧問団はクオック氏を含めて5人。首都クアラルンプールでは5月中旬以降、政府幹部らが顧問団に状況を説明する会合が開かれている。クオック氏も22日に参加した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン