2018年9月24日(月)

国産スマホの明暗、ソニー転落の裏にシャープの戦略
ITジャーナリスト 石川 温

モバイルの達人
コラム(テクノロジー)
モバイル・5G
2018/5/28 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 国産スマートフォン(スマホ)メーカーの明暗がくっきりと分かれた。米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載したスマホでは、これまでソニーの「エクスペリア」がトップシェアを誇っていた。ところが2017年、ついにその図式が変わった。エクスペリアは首位から陥落。その座にシャープの「アクオス」が着いた。18年の夏商戦はこれから本格化するが、シャープは新製品「アクオスR2」を引っさげ、さらなるシ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報