/

コンビニで洗濯 ファミマ、ランドリーと一体店

ファミリーマートは25日、都内にコンビニエンスストアとコインランドリーを一体にした店舗を開いた。洗濯の前後にコンビニでの買い物につなげ、伸び悩む客数を底上げする。2019年度末までに300店展開する計画だ。

コンビニの売り場とコインランドリーが店内で連なる(東京都杉並区の「ファミマランドリー 杉並永福四丁目店」)

「ファミマランドリー 杉並永福四丁目店」(東京・杉並)を開業した。3月末に千葉県市原市でコンビニの敷地にランドリーを併設した店舗を開いたが、今回は「一体型店舗」の1号店。コンビニの売り場とコインランドリーが店内で扉を隔ててつながり、行き来がしやすい。毛布を洗濯するために来店したという60代の女性は「一緒に買い物もできて便利だ」と話した。

コインランドリーを併設して集客力を高める(東京都杉並区)

同店では洗濯機2台、洗濯乾燥機3台、乾燥機4台などをそろえる。料金は洗濯乾燥機の大型の場合で45分1000円。ランドリーは24時間無人で運営する。ファミマの売り場には洗濯用品を20品そろえた。店内にはイートインも設け、待ち時間の利用を見込む。

洗濯乾燥機3台などをそろえる(東京都杉並区)

3月に開いた併設店では、ランドリーの利用客が1日40人前後で、コンビニの客数が落ちやすい雨の日は利用客数が1.5倍になったという。コンビニでは既存店の客数が長期にわたり停滞する。ファミマではコインランドリーと組み合わせた店舗で集客力を高めたい考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン