2018年6月23日(土)

フグ食の安全法制整備を急げ 古川澄明氏
岡山商科大学教授(経営学)

私見卓見
2018/5/28 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 日本では有毒魚フグを美味佳肴(びみかこう)の食材として味わってきた。世界に先駆けてフグ食を産業化させた国といっていい。年間約1万トン強を消費しており、商品価値の高いトラフグを中心に養殖もさかんだ。海外で和食の認知度が高まるなか、日本のフグ食も世界にアピールしたいところだが、残念ながら、日本は安全管理の面で世界から信認を得られていない。

 厚生労働省によると、国内の2003~16年の間のフグ食中毒事…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報