2018年10月24日(水)

米朝会談中止、北朝鮮高官「米と向き合う用意ある」

2018/5/25 8:40
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=恩地洋介】北朝鮮の金桂官(キム・ゲグァン)第1外務次官は25日午前、トランプ米大統領が米朝首脳会談の中止を表明したことに関して「我々はいつでも向かい合って問題を解決する用意がある」とする談話を発表した。首脳会談の中止を回避するため、米側に譲歩する可能性を示唆した。朝鮮中央通信が伝えた。

北朝鮮の金正恩党委員長=朝鮮中央通信・共同

北朝鮮の金正恩党委員長=朝鮮中央通信・共同

北朝鮮のキム・ゲグァン第1外務次官=ロイター

北朝鮮のキム・ゲグァン第1外務次官=ロイター


談話はトランプ氏の書簡について「突然の会談中止の発表は予想外で非常に遺憾だ」と強調。「金正恩(キム・ジョンウン)委員長は会談の準備にあらゆる努力を傾けてきた」と指摘し「大胆で開かれた心で米国に時間と機会を与える用意がある」と訴えた。敵対関係を改善するためにも「首脳会談が切実に必要」との認識を示した。

金桂官氏は16日の談話で「トランプ政権が一方的な核放棄を強要するなら、朝米首脳会談に応じるかどうかを改めて考慮せざるを得ない」と表明していた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報