/

米朝会談中止、トランプ氏「世界に大きな後退」

追加制裁の可能性も

(更新)

【ワシントン=永沢毅】トランプ米大統領は24日、6月12日にシンガポールで予定していた米朝首脳会談の中止を発表した。記者団に「北朝鮮や世界にとって大きな後退だ」と表明。必要があれば軍事行動も辞さない構えを示し、北朝鮮をけん制した。トランプ政権は追加制裁にも含みを持たせており、朝鮮半島情勢が再び緊迫する可能性が出てきた。

ポンペオ米国務長官と韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は25日午前に電話で協議した。韓国政府によると、ポンペオ氏は「米国としても北朝鮮との対話を継続する意思がある」と強調。両外相は米朝間が対話できる環境整備へ努力する方針を確認した。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は25日未明に国家安全保障会議(NSC)の常任委員会を招集し「当惑しており非常に遺憾だ」と表明した。

トランプ氏は23日夜に米朝会談の取りやめを再び示唆した北朝鮮の声明について報告を受け、24日朝にペンス副大統領、ポンペオ国務長官らと協議し、中止を最終決定したという。トランプ氏は金正恩(キム・ジョンウン)委員長への書簡を口述で作成し、ホワイトハウスがその内容を発表した。

トランプ氏は書簡で「直近のあなた方の声明に表れた激しい怒りとあらわな敵意に鑑み、現時点で会談を実施するのは不適切だと感じる」と表明。その後、ホワイトハウスで記者団に「マティス国防長官らと協議した。米軍は必要ならば対応をとる準備ができている」と北朝鮮に挑発行為の自制を求めた。

さらに「核兵器の脅威が取り除かれなければ、北朝鮮に明るい未来はない。金委員長が建設的な対話と行動に取り組むのを待っている」と語り、北朝鮮に非核化に向けた行動を促した。それまでは制裁を維持して最大限の圧力を続ける方針を示した。

北朝鮮は16日、朝鮮中央通信などを通じて米韓演習や米国が求める「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」(CVID)を批判し、米朝首脳会談の取りやめを示唆。24日にも同様の声明を出していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン