2018年6月18日(月)

ネットフリックスの時価総額、一時ディズニー抜く
米メディア企業で最大に

ネット・IT
北米
2018/5/25 6:27
保存
共有
印刷
その他

 【ニューヨーク=平野麻理子】24日の米株式市場で、動画配信大手ネットフリックスの時価総額が一時ウォルト・ディズニーを上回り、米国で企業価値が最も大きいメディア企業に躍り出た。前日にはCATV大手コムキャストの時価総額も上回っていた。ネットフリックスの株価は年初から8割超上昇し、S&P500種株価指数の構成銘柄でもトップに立っている。

 ネットフリックスの24日の終値は、前日比1.3%高い349ドルだった。引けにかけて上げ幅を縮めたため、終値時点ではまだディズニーの時価総額が上回っているが、近日中に終値ベースでも逆転しそうだ。

 ファクトセットによると、24日時点でネットフリックスの時価総額は1518億ドル(約16.6兆円)、ディズニーが1522億ドル。ディズニー株は年初から5%下落している。

 ディズニーとコムキャストはテレビ局や映画スタジオ、テーマパークなどを抱え、売り上げ規模はネットフリックスを大きく上回る。動画配信専業のネットフリックスと単純に比較するのは難しいが、株価の急激な上昇はネットフリックスの成長に対する投資家の期待の表れといえる。

 ネットフリックスの全世界の会員数は3月末時点で1億2500万人に達した。米国内外で加入者が順調に伸びている。有料会員からは長期的に安定した収入が見込めるとして、市場では評価が高い。2018年は独自コンテンツの制作に80億ドルを投じ、一段の契約者増を目指す。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報