2018年10月20日(土)

「米朝首脳会談は中止に」 トランプ氏、金委員長に書簡

2018/5/24 23:01
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=永沢毅】トランプ米大統領は24日、6月12日にシンガポールで予定していた米朝首脳会談について「いまは不適切だ。だから会談は開かない」として中止する考えを表明した。米ホワイトハウスがトランプ氏から北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長への書簡の中で発表した。初の首脳会談が見送りとなり、朝鮮半島情勢が再び緊迫する可能性もある。

トランプ大統領から金正恩委員長に宛てた書簡のコピー= AP

トランプ大統領から金正恩委員長に宛てた書簡のコピー= AP

トランプ氏は会談見送りの理由として「残念ながら、最近の声明にみられるとてつもない怒りや敵意」があるためだと説明。北朝鮮が、一方的な核放棄に応じないなどと表明していることを指しているとみられる。

米朝は水面下で首脳会談に向けて調整を進めてきたが、非核化の手法を巡って対立。短期間で一気に非核化を進めたい米国に対し、北朝鮮は段階的な措置をとってそのたびに見返りを受ける方法を主張していた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報