/

この記事は会員限定です

新薬は海・山の恵みから 製薬会社の開発手法が進化

[有料会員限定]

医薬品開発で、細菌などの生物が持つ機能から着想を得る「天然物創薬」が注目されている。昔ながらの手法だが、化学合成による創薬の限界と分析技術の進歩が再評価につながった。開発は製薬会社の生命線。武田薬品工業の「7兆円買収」も開発力獲得が根底にある。古くて新しい技術で身近な天然物に挑む手法は、巨額買収とは対極にあると言えそうだ。

茨城県つくば市、エーザイの筑波研究所。本棟4階の保冷庫に並んだ試験管が、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1839文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン