2018年12月14日(金)

新薬は海・山の恵みから 製薬会社の開発手法が進化

2018/5/25 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

医薬品開発で、細菌などの生物が持つ機能から着想を得る「天然物創薬」が注目されている。昔ながらの手法だが、化学合成による創薬の限界と分析技術の進歩が再評価につながった。開発は製薬会社の生命線。武田薬品工業の「7兆円買収」も開発力獲得が根底にある。古くて新しい技術で身近な天然物に挑む手法は、巨額買収とは対極にあると言えそうだ。

茨城県つくば市、エーザイの筑波研究所。本棟4階の保冷庫に並んだ試験管が、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報