/

この記事は会員限定です

茶葉・珪藻土使った塗り壁材 地域の素材で四季快適に

(わが社の一押し)

[有料会員限定]

住宅メーカーのアクトホーム(静岡県島田市)が手掛ける塗り壁材「お茶薫る珪藻土(けいそうど)」が好調だ。茶葉を練り込むことで、カテキンによる抗菌効果や安らぎ効果が得られるとして、寝室を中心に利用が進む。地域の素材も生かした家づくりで受注を伸ばしている。

珪藻土は植物性プランクトンの化石が堆積してできる。粒子が細かいため塗り壁にすると吸放湿性に優れ、夏も冬も快適に過ごせる。脱臭効果もあり、トイレや玄関...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り577文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン