/

この記事は会員限定です

定年世代の弁護士、異例の「現役移籍」相次ぐ

[有料会員限定]

60歳以上の有力弁護士の大手法律事務所間の移籍が相次いでいる。複数の大手事務所が一般の企業並みに定年制度を徹底し始めたのを契機に、第一線にこだわるシニアの弁護士が新天地に活躍の場を求めている。受け入れ先にすればベテランのノウハウを取り込む好機。人生100年時代を迎え、定年世代の弁護士の人材流動化がさらに拡大する見通しだ。

幹部弁護士が新天地に

「また若い弁護士たちと一緒に仕事ができる。若返った気分だ」。内田晴康弁護士(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2394文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン