2019年4月20日(土)

農作業用スーツ オアシススタイルウェア、山形の農家と開発

2018/5/24 22:00
保存
共有
印刷
その他

作業着販売のオアシススタイルウェア(東京・豊島)は山形の農家と組んで農業用スーツを開発する。「農業のイメージを変えたい」としてスーツ姿で農作業をする川西町の斎藤聖人氏のアドバイスを取り入れ、今秋の収穫シーズンには発売する予定という。

スーツで農作業をする斎藤氏(山形県川西町)

同社はポリエステル素材を使い、ジャージーのように伸縮性の高いスーツ風作業着を販売する。水道工事など一般家庭に入ってもきっちりとした印象を与えたい企業で徐々に採用されているといい、今回は農業向けに上下セット2万円程度で販売する。

16代目の農家という斎藤氏は「スーツで農業を始めて6年目。時代が追いついたのかと思うとうれしい」と語る。スーツをきっかけに農業に興味を持ってもらい発信力を高める狙いだったが、「伸縮性があり、洗いやすいものが欲しかった」と期待する。25日には自らの農場で同社関係者と対談イベントも開く。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報