米粉麺 もちもち感向上 大潟村あきたこまち生産者協会

2018/5/24 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大潟村あきたこまち生産者協会(秋田県大潟村)は米粉を使った麺の食感を改善することに成功した。小麦粉に含まれるたんぱく質のグルテンは麺類をおいしくする「もちもち感」に欠かせないが、米粉はグルテンを含まないため小麦粉に比べ食感で劣っていた。同社は天然食材を加えて食感を改善する技術を食品メーカーと共同開発。この技術を使った商品を国内外で拡販する。

米粉麺に混ぜるのは国産の天然食材だが、同社は食材名を明…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]