/

この記事は会員限定です

車関税引き上げ案、揺らぐ多国間交渉 日本は対応に苦慮

[有料会員限定]

トランプ米政権が自動車や自動車部品に追加関税を課す検討に入ったことに対し、日本政府内には動揺が広がった。仮に実現すれば国内産業への影響が大きいだけではない。米政権が求める2国間交渉への対応を迫られれば、多国間での自由貿易の推進を軸としてきた通商戦略の根幹が揺らぎかねないためだ。

「多角的貿易体制を崩すことにつながりかねない」。24日午前、世耕弘成経済産業相は米国の措置を批判した。自動車は米国から見...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1237文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン