2019年4月20日(土)

ネット裏から

フォローする

指導の第一歩は選手とのコミュニケーション
スポーツライター 浜田昭八

(1/2ページ)
2018/5/27 6:30
保存
共有
印刷
その他

日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボール定期戦で起きた、日大選手による悪質タックル事件が大騒ぎになっている。問題をこじらせた原因のひとつに、日大指導陣と選手との間のコミュニケーション不足が挙げられる。

関学大の司令塔であるクオーターバック(QB)の選手を、開始直後の「1プレー目で潰せ」と日大指導陣。それは試合ごとに指示している「厳しく当たれ」という意味だったという。だが、選手は標的にした相手がけがをするかもしれない「潰せ」だと受け止めた。

球界にもさまざまな「乖離」

23日夜、記者会見で謝罪する日大の内田正人前監督(右)と井上奨コーチ。指導陣と選手とのコミュニケーション不足が問題をこじらせた

23日夜、記者会見で謝罪する日大の内田正人前監督(右)と井上奨コーチ。指導陣と選手とのコミュニケーション不足が問題をこじらせた

この行き違いは両者間に生じた「(乖離(かいり)」だったと表現され、流行語になりそうなほどメディアに露出した。これほど極端ではないが、プロ野球界にも監督、コーチと選手との間に、さまざまな「乖離」が見受けられる。

たとえば若手投手の配球に注文をつけるときだ。指導陣は「ぶつけたらゴメンなさいでいけ」と言う。死球になるのを恐れず、厳しく打者の内角をつけと尻をたたくのだ。まさかそれで「死球OK」のお墨付きをもらったと思ったわけではないだろうが、本当にぶつけてトラブルになったこともある。

そんなときに、相手チームのベースコーチが「向こうのベンチで、ぶつけろと騒いでいた」と注進し、騒ぎが大きくなったことがあった。これは乖離というより、ただの聞き違いだっただろう。投手にとっても走者を出すリスクを負いたくないし、他人の肉体を痛めつけるのも後味が悪いだろう。

その昔のプロ野球には、西日本出身選手が圧倒的に多かった。どの球団でも関西風イントネーションの話し言葉が"共通語"になっていた。東北出身や北海道出身の選手は首脳陣とのコミュニケーションどころか、日常会話でも戸惑った。山形県出身の故皆川睦雄氏(元巨人、近鉄コーチ)は高校を出てすぐに南海入りしたとき、大阪弁になじめず無口になったと回想していた。

近年は出身地が全国に散らばり、メディアも発展してきた。テレビ、ラジオの中で関西弁をにぎやかに話す吉本興業の芸人の存在も大きく、野球選手が言葉の問題でコミュニケーション不足に陥ることはほとんどなくなった。

それでも、首脳陣の罵声に落ち込む選手の姿は、昔も今も変わらない。失敗や怠慢をなじる語句は「ばか」「アホ」から「どアホ」「あほんだら」など多彩。語勢にもよるが、日ごろのコミュニケーションが密ならば、罵声も一種の愛情表現になるのではないか。

  • 1
  • 2
  • 次へ

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

17年ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

ネット裏から 一覧

フォローする
オリックス戦の九回から捕手を務めた楽天・銀次。4イニングをミスなく務め、引き分けに持ち込んだ=共同共同

 捕手がいなくなったので試合ができないとなると、没収試合が宣告されて0―9の負けになる。ほかのポジションなら専門外の代役を起用できるが、捕手に関しては難しい。ケガを恐れてだれもやりたがらないし、首脳陣 …続き (4/14)

台湾から日本ハム入りした王柏融の評判は上々だ=共同共同

 広島の地方紙「中国新聞」の林記者から以前に聞いた話。大阪などの取材先で、よく「日本語がお上手ですね」と言われたそうだ。中華人民共和国からの「リンさん」と勘違いされたらしい。「ハヤシです」と返答し、大 …続き (3/10)

巨人にFA移籍した丸(左)が古巣の広島戦で打ちまくったときのファンの反応は…=共同共同

 野球協約の第106条に「選手は(中略)他の球団に譲渡されることを、統一契約書において、あらかじめ同意しなければならない」とある。つまり、球団から他球団へのトレードを通告された選手は、拒否することがで …続き (2/10)

ハイライト・スポーツ

[PR]