/

この記事は会員限定です

イタリア「疑似通貨」に市場疑念 国債に売り圧力

[有料会員限定]

【ロンドン=篠崎健太】イタリアの次期首相に23日、法学者のジュセッペ・コンテ氏が指名され、同氏を推したポピュリズム(大衆迎合主義)政党「五つ星運動」と極右「同盟」による連立政権の樹立が固まった。バラマキ政策で財政規律が緩むとの見方から、金融市場ではイタリア国債に売り圧力が根強い。新政権のリスク要因の一つとして警戒されているのが「疑似通貨」構想だ。

23日の欧州債券市場では、イタリアの10年物国債利...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1233文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン