2018年9月23日(日)

財政赤字の将来負担を考える(5) 所得・貯蓄が拡大すれば抑制
野口旭 専修大学教授

やさしい経済学
コラム(経済・政治)
2018/5/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 前回に述べたように、一般的には、政府が財政赤字になれば金利上昇や対外債務の増加が生じます。これらはいずれも将来負担の拡大を意味しますから、負担の完全否定論はラーナー流の議論の枠内でも成立しません。

 しかしそれは、ラーナーの議論が無意味であることを意味しません。さまざまな経済状況における負担問題を考える上で、極めて有用なのです。

 まず、将来負担否定論が厳密に成り立つケースは確かに存在します。それは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報