/

この記事は会員限定です

シェア経済、小国が抱く大志

本社コメンテーター 村山恵一

[有料会員限定]

住宅宿泊事業法の施行を来月に控え、民泊仲介の米エアビーアンドビーとファミリーマートが協業を発表した。「シェアリングエコノミーの流れは止まらない」。ファミマの沢田貴司社長は商品販売とのシナジーに期待を寄せた。

8日には新経済連盟が一般ドライバーのライドシェアを認める新法を国に提案した。「訪日外国人が増える一方、タクシー業界の人手不足が深刻だ」と訴える。

日本の成長に「観光」は大事な要素だが、シェアの潜在力を引き出す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1965文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

村山 恵一

IT(情報技術)、スタートアップをカバーする。シリコンバレー駐在時には、iPhone投入で絶頂期を迎えたジョブズ氏率いるアップルを取材した。編集委員、論説委員を経て2017年2月より現職。近著に「STARTUP 起業家のリアル」。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン