/

この記事は会員限定です

働き方改革、トップと現場が共有を 有竹一智氏

サントリーホールディングス取締役専務執行役員

[有料会員限定]

日本の労働生産性の低さは、先進国の中で際立っているとされる。「ノー残業デー」を設けて社員に定時退社を促す企業もあるが、一方的な制度だけだと限界を迎える。社員一人ひとりが仕事で成果を上げながら、休息もしっかりとれる環境を整えるには企業はどうすればいいのか。

重要なのは2つだと思う。まずは経営トップの明確な関与だろう。もう一つは現場の社員一人ひとりに当事者意識を持ってもらうことだ。いずれか一方だけでは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り755文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン