/

この記事は会員限定です

中国の環境規制強化 日本企業に摘発の波

[有料会員限定]

中国で環境関連の規制強化が急速に進んでいる。環境対策が得意なはずの日本の大企業でさえ変化に対応しきれず、制裁金や操業停止命令を受けるケースが相次ぐ。専門家は「対応を現地任せにしないで、日本の本社が情報収集や必要な投資を支援するなど関与していく必要がある」と指摘している。(植松正史)

「これほど厳しい処分になるとは……」。凸版印刷は2017年3月、中国・上海のフィルム包装材の製造工場が大気汚染の規制違反に問...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1478文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン