2019年9月19日(木)

星野源さん「恋」が1位 著作物使用料ランキング

2018/5/24 10:00
保存
共有
印刷
その他

日本音楽著作権協会(JASRAC)は24日までに、2017年度にCDや放送、カラオケなどから徴収した著作物使用料の分配額で、ミュージシャンで俳優の星野源さんが作詞作曲した「恋」が国内作品の1位だったと発表した。

歌手・俳優の星野源さん

歌手・俳優の星野源さん

同曲は星野さんが出演したドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の主題歌で、出演者が踊る「恋ダンス」も話題になった。JASRACによると、インターネット配信やカラオケを中心にヒットした。2位は「ドラゴンクエスト序曲」、3位は「UFO」(ピンク・レディー)。

海外からの入金が最も多かった国内作品はアニメ音楽の「ドラゴンボールZ BGM」、外国作品の1位はコンビニのCMで使われた「デイ・ドリーム・ビリーバー」だった。

星野さんは「驚くほどたくさんの方に届いたことをとても幸せに思います」とのメッセージを寄せた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。