/

この記事は会員限定です

森友交渉記録に首相夫人名など 廃棄指示者は不明

[有料会員限定]

財務省は23日、学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書の改ざん問題を巡り、学園側との交渉記録を国会に提出した。「廃棄した」としていた記録には、安倍晋三首相の昭恵夫人や夫人付の政府職員だった谷査恵子氏らに関する記述が多数あった。廃棄を誰が指示したかはあいまいなまま。同省は改ざんの経緯を含む調査の最終報告を公表する。

財務省が明らかにした交渉記録は900ページを超え、職員の「手控え」として...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1050文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン