/

この記事は会員限定です

地銀で高まるファンドラップへの期待

ネット証券が提携に動く

[有料会員限定]

大手証券会社やメガバンクグループなどで、顧客との投資一任契約に基づいて投資信託を運用するファンドラップの契約残高が増えている。業界全体の残高はまだ7兆円程度だが、年1兆円ペースで増えている。大手金融機関では「資産運用ビジネスの未来像はファンドラップなしには考えられない」(大手銀行)との声も出るほどだ。他方、地方銀行の多くではファンドラップの扱いはこれからだ。足元では、分配金の引き下げが相次ぐ海外...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1092文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン