2018年10月20日(土)

強制不妊、カルテなど調査要請 大阪府が医療機関に

2018/5/23 16:05
保存
共有
印刷
その他

旧優生保護法(1948~96年)下で障害などを理由に強制不妊手術が実施された問題で、大阪府は23日、府内2922の医療機関などに対し、カルテなど手術を受けた人を特定できる資料がないか調査し、見つかった場合は府に連絡し資料を保存するよう要請したと発表した。報告の期限は6月29日までで、調査に時間がかかる場合は延長に応じる。

府では49~80年に少なくとも619人が強制不妊手術を受けたことが判明している。各地で手術を受けた人が国に損害賠償を求める動きが出ており、個人を特定する資料は訴訟上も重要になっている。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報