/

この記事は会員限定です

ミンダナオ島、ISの影響根絶には遠く 過激派武装蜂起から1年

[有料会員限定]

【マニラ=遠藤淳】フィリピンの南部ミンダナオ島マラウイ市でイスラム過激派が武装蜂起してから23日で1年がたった。政府はすでに紛争を鎮圧したものの、過激派の残党による反政府活動は今も散発的に発生。同島での戒厳令は敷かれたままだ。中東の過激派組織「イスラム国」(IS)の影響を地域から根絶するにはまだ時間がかかりそうだ。

ミンダナオ島の南西に点在するスルー諸島。フィリピン国軍は13日早朝、現地の過激派「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り600文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン