2019年2月24日(日)

トヨタ系部品各社、自動運転向け開発加速
ジェイテクトが蓄電部品参入、愛知製鋼は位置特定システム

2018/5/23 21:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トヨタ自動車系の部品各社が自動運転向け新製品の開発に力を入れている。ジェイテクトは自動運転に対応し、車載のバックアップ用電源として使える蓄電部品に参入する。愛知製鋼もトンネル内や悪天候でもクルマの位置を特定できるシステムを開発した。次世代車への対応を急ぎ、商機を狙う。

23日に横浜市で開幕した「人とくるまのテクノロジー展2018」には国内外から約600社が出展した。トヨタグループではこれまで培っ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報