/

この記事は会員限定です

「身勝手な採掘」の死角、モナコイン問題で表面化

仮想通貨、揺らぐ安全神話

[有料会員限定]

仮想通貨の根幹技術であるブロックチェーン(分散型台帳)の安全神話が揺らいでいる。15日までに「モナコイン」で取引履歴がすり替えられる事件が起きた。「身勝手な採掘(セルフィッシュ・マイニング)」と呼ばれる攻撃への脆弱性を浮き彫りにした。日本の交換会社が対応を迫られ、他の通貨も攻撃されるリスクが意識されている。

ブロックチェーン技術は複数のコンピューターが取引を相互承認する仕組み。監視が働きやすく、取...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り754文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン