2019年6月18日(火)

再エネ拡大は不透明 新設の非化石価値市場
科学記者の目 編集委員 滝順一

2018/5/28 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

二酸化炭素(CO2)を排出しないという「環境価値」を証書の形で取引する新しい制度が先週からスタートした。企業や個人が証書を購入すれば、使用した電気を証書の分だけは、事実上「CO2フリーである」と主張できる。再生可能エネルギーの普及・拡大につながり、地球温暖化対策に貢献するように聞こえるが、新制度には疑問が多い。この制度がわかりにくい仕組みであるうえ、今後の展開が不透明なためだ。

■初入札には26社

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報