/

未来の番組視聴スタイル NHK技研が研究成果を公開

日経クロステック

NHKは、NHK放送技術研究所(NHK技研)の研究成果を一般に公開する「技研公開2018」を2018年5月24~27日に開催する。

今回の技研公開では、「NHK技研3か年計画(2018~2020年度)」で掲げている三つの技術に関する展示を行う。NHK技研は同計画において、より臨場感・実物感の高いコンテンツを届けることができる「リアリティーイメージング」と、インターネットを活用してユーザー体験を向上させる「コネクテッドメディア」、人工知能(AI)により効率的に番組を制作する「スマートプロダクション」という三つの技術を研究開発の大きな柱と位置付けている。

NHK技研はこれらの研究開発を通じて、誰もが時間や場所を気にせず、好みの機器を使って様々なコンテンツを視聴・体感できる新しい放送・サービスである「ダイバースビジョン」の実現を目指す。この取り組みを2030~2040年ごろを見据えて進めるという。

未来のリビングにおける視聴スタイルのイメージ

技研公開2018では、会場の入り口から直近のスペースであるエントランスにて、ダイバースビジョンの視聴スタイルについての展示を行う。3次元テレビやAR・VR機器、触覚デバイスなどで多様な視聴や体感ができる未来のリビングのイメージを公開する。NHK技研の黒田徹所長は、「現時点でできる範囲で将来像を展示している」と説明した。

3板式8K高速度カメラ

 リアリティーイメージングのブースでは、例えば8K高速度カメラと8Kスロー再生装置を展示する。8K高速度カメラは、新たに開発した1.25インチ・3300万画素のCMOSイメージセンサーを3枚用いて、フル解像度の8K映像を毎秒240枚の高速度で撮影できる。カメラからの高速な信号を処理して、8K映像信号として出力する制御装置も開発した。

8Kスロー再生装置は、8K映像を記録しながら同時に4分の1倍速のスロー再生ができる。毎秒240枚の8K映像をリアルタイムに圧縮することで、最大4時間まで記録可能。さらに記録媒体に採用したSSDを多並列に制御することで、毎秒240枚で記録しながら毎秒60枚での8K映像の同時再生を実現した。

コネクテッドメディアのブースでは、スマートフォン(スマホ)のアプリケーションやあらゆるモノがネットにつながるIoT機器と、ハイブリッドキャスト対応テレビを連携させるためのソフトウエア「ハイコネ・ライブラリ(Hybridcast Connect Library)」を活用したサービスなどを展示する。この展示は、民放局と共同で行う。

ハイコネ・ライブラリでは、テレビを見ていなくてもスマホなどのアプリからテレビと連携することが可能となる。例えば、スマホに送られた通知からワンクリックで、番組や関連した動画をテレビで視聴できる。さらに、テレビの視聴とスマホのサービスとのデータ連携が容易になり、生活行動に密着した多様な放送サービスの創出が期待できるという。会場ではスマホに蓄積した視聴履歴を活用して、外出先で視聴番組の内容と関連する店舗情報を伝えるサービスのイメージのデモなどを行う。

スマートプロダクションのブースでは、展示の一つとしてAIを活用した白黒映像の自動カラー化技術を公開する。この技術により、白黒フィルム映像をカラー映像で見せるといった映像表現が可能になる。NHKアーカイブスなどから収集した大量の番組映像を教師データとして学習させ、色の推定と修正、色伝播の三つのニューラルネットワークを使って白黒映像をカラー映像に自動変換できるようにした。

これまで白黒映像をカラー化するためには、専門家が1フレームずつ人手で着色するしか方法がなく、数秒の映像をカラー化するだけでも数日を要していた。今回の技術を利用することで、5秒の白黒映像のカラー化にかかる作業時間を30秒~5分程度にまで短縮できるという。

(日経 xTECH/日経ニューメディア 長谷川博)

[日経 xTECH 2018年5月22日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン