最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,148.57 -144.08
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,140 -150

[PR]

主要金融ニュース

フォローする

NY証取社長にカニンガム氏 226年で初の女性トップ
場立ちからのたたき上げ

2018/5/23 12:00
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=宮本岳則】米金融取引所グループのインターコンチネンタル取引所(ICE)は22日、傘下のニューヨーク証券取引所(NYSE)グループの新社長にステイシー・カニンガム最高執行責任者(COO)が就任すると発表した。NYSEがウォール街で取引を始めて以降、226年の歴史上で初の女性トップが誕生することになる。

NY証取初の女性社長に就任するカニンガム氏=同証取提供

NY証取初の女性社長に就任するカニンガム氏=同証取提供

25日付で現社長のトーマス・ファーレイ氏が退任し、カニンガムCOOが昇格する。立会場で取引を手がける「場立ち」からのたたき上げという異色の経歴でも注目を集めそうだ。

女性の経営トップ登用ではライバルの米ナスダックが先行。17年1月にアディナ・フリードマン氏が最高経営責任者(CEO)に就任した。

カニンガム氏は現在43歳。94年にNYSEのインターンシップに参加したのち、96年からは立会場で特定銘柄の売買を担当する「スペシャリスト」(場立ち)として仕事を始めた。米ナスダック幹部を務めたのち、12年にNYSEに転じた。現在は現物株や上場投資信託(ETF)事業の責任者を務める。

カニンガム新社長を待ち受けるのは厳しい競争環境だ。約10年前は4割程度を占めていたNYSEの売買シェアは、電子取引の普及などで20%台に低下。有力企業の新規株式公開(IPO)を巡っては米ナスダックのほか、アジアの取引所との誘致合戦が激しさを増している。

主要金融ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム