/

この記事は会員限定です

参謀は途中入社組

[有料会員限定]

5月9日昼、武田薬品工業が東京本社で開いたシャイアー買収合意の記者会見。淡々と応じていた社長のクリストフ・ウェバー(51)の顔色がある質問を境に変わった。「買収で人材流出が加速するのでは」。ウェバーは「人事は成功しており、あなたの意見には賛成できない」と色をなして反論したが、実際、買収交渉と前後し複数の枢要な幹部が武田を去っている。

「非常に日本を気に入っています。妻も一番と言ってます」

2017年6月28日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り798文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

武田背水の7兆円買収

コードネームは「Yamazaki」と「Hibiki」だった。武田薬品工業が仕掛けた460億ポンド(約7兆円)の巨額買収。相手企業シャイアーの本社はウイスキー発祥の地、アイルランドだ。交渉は両社を国産老舗ウイスキー代表格「山崎」と「響」になぞらえ極秘裏に進められた。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン