自力より国家戦略で成長 外資電池は補助金対象外

2018/5/23 0:33
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

CATLをはじめとした中国メーカーが世界の車載用電池市場の6割以上を握るようになったのは、自力よりもむしろ、中国の周到な国家戦略によるところが大きい。その中心は外資が極めて不利な2012年から続く政府補助金政策だ。

中国政府は電池を中国メーカー57社から調達をしなければ、中国でEVを製造しても補助金を支給しないとした。補助金がなければ高額なEVは売れない。「なぜあえて中国企業の電池を採用しなけれ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]