/

埼玉・熊谷恒例の大温度計設置 「猛暑はお得」

猛暑で地域おこしに取り組む埼玉県熊谷市で22日、高さ4メートルの大温度計が八木橋百貨店に設置された。大温度計は毎年恒例だが、今年はキャッチフレーズを例年の「あついぞ!熊谷」から「熊谷夏の陣 猛暑はお得」に変更した。暑い日も来店を促す狙いで、猛暑と連動した割引サービスなどを実施する。

新しいフレーズは同市出身の放送作家、鶴間政行氏が考えた。熊谷地方気象台が毎日午後5時に発表する「明日の予想最高気温」が35度以上の猛暑日となった場合、翌日に同店の各売り場で割引するほか、小学生以下の先着50人に氷菓「ガリガリ君」を配る「猛暑日サービス」を行う。

「あついぞ!」のフレーズは市が地域活性化策の一環で使っていたが、2017年に「暑さ対策」に重点を置いたPR戦略に転換。同店は一度は温度計の廃止を決めたが、市民らから「さびしい」などの声が上がり、フレーズを変えて継続することにした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン