/

この記事は会員限定です

光で製造現場の注意喚起 パイフォトニクスが照明拡販

[有料会員限定]

光産業創成大学院大学発の光技術ベンチャー、パイフォトニクス(浜松市)は工場内の安全対策用の発光ダイオード(LED)照明事業を強化する。危険箇所などを光で示す装置で、新製品を中心に取扱商社を増やすなどして拡販する。2017年9月期で1億2千万円だった売上高を20年9月期までに3億円に高める計画だ。

光が広がらずに真っすぐ進む指向性の高いLED照明「ホロライト」を生産現場向けに拡販する。07年に開発し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り693文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン