日光アイスバックス、20周年記念ロゴ 歴史本・OB戦も企画

2018/5/22 22:00
保存
共有
印刷
その他

アイスホッケーのHC栃木日光アイスバックスは、7月にチーム発足20周年を迎えるのに合わせ、記念ロゴを製作した。オレンジを基調としたデザインで、中央にチーム名を表すアルファベットのIとBをあしらった。記念事業としてチームの歴史を振り返る記念本や現役選手を交えたOB戦も企画している。

記念ロゴを掲げるセルジオ越後氏(左)と土田英二氏(宇都宮市)

HC栃木日光アイスバックスは1999年の創設後、資金難から存続が危ぶまれる時期が続いた。22日記者会見したセルジオ越後シニアディレクターは「サポーターやスポンサーのおかげで奇跡的に存続できた」と語った。

今シーズンはファンへの感謝の気持ちも込め、記念ロゴをあしらったユニホームで戦う。土田英二チームディレクターは「アジアリーグ、全日本選手権ともに優勝する」と目標を掲げた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]