三谷産業、ベトナムで研修プログラム、事業化も検討

2018/5/22 19:52
保存
共有
印刷
その他

三谷産業はベトナムの教育機関と提携し、現地企業で働くベトナム人などを対象にした教育プログラムの提供を始めた。心理学を活用したチームマネジメントの方法などを座学形式で教える。ノウハウを蓄積し、ベトナムで企業向けの研修サービスとして事業化も検討する。

三谷産業はベトナムで研修サービスの事業化を検討する(1回目の研修の様子)

日本とベトナムの両政府によって設立された教育機関であるベトナム日本人材開発インスティチュート(VJCC)と協力し、2018年内に計3回のセミナーを開く。

1回目を5月9日に首都ハノイで開催した。7月3日にホーチミン、12月11日にハノイで実施する。

セミナーでは、心理学を活用し、チームの問題解決能力やメンバーのモチベーションの高め方などを教える。日系企業やベトナムの現地企業に勤めるベトナム人などを対象にする。通訳をまじえてベトナム語で講習する。

三谷産業はこれまで、ベトナムに置く自社の子会社で同様の研修を行ってきた。今後、教育ノウハウを蓄積することで子会社を通じ、企業向けの研修プログラムを事業化することも検討する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]